アニメリアクト

日本アニメの海外の反応を紹介するブログです。

海外「実在してたの!?」ぼっち・ざ・ろっく第10話のモデルの海外反応

 

 

アニメ「ぼっち・ざ・ろっく」の10話に登場した場所とキャラクターのモデルが話題となっていたので翻訳してみました。

 

反応翻訳元

引用画像 ©はまじあき/芳文社・アニプレックス

http://www.loft-prj.co.jp/LOFT/


 

10話のライブハウスはLOFTという実在するライブハウスを元にしていた。

 

周囲の描写がなかったけど、見つけるのは難しくなかったよ。

LOFTのサイトでもっと詳細が見れるよ。 

http://www.loft-prj.co.jp/LOFT/index.html

自分もモデルはどこなのかと思っていたんだよ。 こういう場所のデザインが大好き。 

ぼっち・ざ・ろっくって日本のアンダーグラウンドロック界へのラブレターだね。

そういう所が凄く好き。

Starryも実在する場所がモデルなんだよね。

実際にある場所とまったく同じデザインを使う時の法律を知ってる人いる?

これは似すぎている。

LOFTから正式な許可をもらってるよ。ShelterとLOFTの名前はEDのクレジットに入ってるしね。

このアニメの影響でライブを見にくる人が増えるのは嫌だろうね。 特にアーティストはキュートなアニメを見て、来てる人に怒るだろう。

そこは別にどうでもいいところだと思う。そういう人はいるだろうけど、商売の観点から言うと良い事でしょ。インフルエンサーが紹介するから無料で飯を食わしてって言ってるのと訳が違う。

これを見るために、もう一度日本にいきたいね。

Starryのモデルのところも行きたい。

 

今日知った事:ヒロイは実在するミュージシャンを元にしていた。

彼女は八十八ヶ所巡礼のマーガレット廣井さん。 酔っ払いマスターの名前の由来だ。 もう一つのクールなリアルからのインスピレーションだね。

かっこいい!

このミュージシャンは知らないけど、高校の時にいたベーシストは、まさにあんな感じだった。

ベーシストはみんな同じなのかな?

ベーシストとドラマーはああだよw

ベーシストだけど、これはわかる。

ドラマーとベーシストは最高の友達だよ。

結束バンドも実在するバンドがモデルだって知ってた?

ASIAN KUNG-FU GENERATIONってバンドだけど

苗字だけだと思っていたけどね。

結束バンドのメンバーの名前はASIAN KUNG-FU GENERATIONのメンバーの名前にちなんで付けられた。 それぞれの担当も同じ。

担当は違うね。ヒトリはAKFGのボーカリストのマサフミ・ゴトウから来ているけど、ヒトリはボーカリストじゃない。キタはギタリストのケンスケ・キタからだ。ここは入れ替わってる。 ニジカとリョウはそのままだけどね。

エライザはShimizu Katsuyaがモデル

ヒロイはBAND-MAIDのミサがモデルだと思っていたよ。

アニメと同じでワンピースを着てるねw

 

海外のぼっちファンは東京旅行で回るところがたくさんありそうです😅